my profile

 
micco というのは、小室みつ子の略称です。
このページは、私のことを知らない方のための、簡単なプロフィールです。

職業としての肩書きは、シンガーソングライター、小説家、作詞家、などがありますが、興味のあるものなら、なんでもやってきました。ものすごく昔、週刊セブンティーンではイラストを描いていたし、月刊明星では、マンガの連載(タイトル「みっちゃんみちみち」)もしました。人に歴史あり……。しみじみ。
特にこだわらず、自分でできるものである限り、チャンスを与えられれば挑戦してきました。そのせいで、どれもこれも、中途半端になってしまったという反省もありますが。

まずは、簡単な履歴。

茨城県生まれ。土浦第一高等学校慶應義塾大学 法学部政治学科、卒業。4歳からクラシックピアノを始めたのに、途中でロック、ポップスに目覚め、ピアノの先生に見限られる。中学から作詞作曲をひそかに始める。高校3年の学祭 で初めて人前でオリジナル曲を歌う。小室みつ子 Say You Want Me 発売パンフレット用写真

慶応漫画研究会に所属したが、卒業までに一作の短編と一枚のコママンガを残すのみ。在学中にオリジナルの歌を学祭で歌ったときに、音楽関係の人に声をかけられ、楽曲をプロの歌手(小柳ルミ子、大塚博堂、石川ひとみなど)に提供するようになる。ビンボー学生が、いきなり印税収入の味をしめる。シンガーとしても、CM(台所用洗剤のCM)で歌ったり、昼ドラのテーマなどを歌って、アルバイトをしていた。

卒業後、コロムビア・レコードより、シンガーソングライターでデビュー。(アルバム『甘い予感』1981年)。同時にNHKの関東エリアの夜の報道番組「いっとろっけん」(現在ある同名の番組とは違うものです)のテーマ曲を書いて、レギュラーとして一年半くらい出演。番組のオープニングで、毎回ピアノを弾いて生で歌っていた。松平アナと桜井洋子アナという、ゴールデンコンビにフォローされながら、歌うだけでなく、ときどきしゃべってもいました。おそろしや。このテーマ曲を、ナトシさんが当時のテレビから録音してMP3に変換して送ってくださいました。JASRACに登録もされていない短い曲なので、ここにファイルを置きます。ちょっと重いですが、デビュー当時の私の声です。ここをクリックするとダウンロードが始まります。

1984年、集英社の編集者に「詞が書けるなら、小説も書ける」と励まされ、コバルト文庫から生まれて初めて書いた長編「カルチェラタンで迷子」を出版。

1984年、知り合いのプロデューサから「今度出る新しいバンドに詞を書いてみないか」と言われて、TM NETWORK のメンバーに会う。偶然にもメンバーのひとりが同じ小室の姓だったので、「西門加里(サイモン・カリと読む)」のペンネームで、「1974」「Rainbow Rainbow」などの詞を書く。以来、TM NETWORK の作詞に携わる。ペンネームは途中で、本名に戻る。Jumpin’Over CD用写真

1990年代に入ってからも、TMNの作詞のかたわら、自分のアルバム、コンサート活動も続ける。「Jumpin' Over」で全国ツアー。最後が渋谷公会堂で、ライブはNHKBSで放送され、ビデオ、LDで発売されました。それで力を使い果たして(?)、それ以降、7年間ライブから遠ざかりましたが、1999年12月、突発的に 渋谷 Egg-man でライブをやりました。FMラジオ(NACK5)の深夜2時間生放送のレギュラーパーソナリティも経験。TMNのレコーディングで滞在したロンドンにハマり、自分のレコーディング、私的旅行もしばらくロンドンばっかりになる。

自分のペースで作詞や執筆活動を続けてます。シンガーソングライターとしては、2001年 8月 アルバム「AS ALWAYS」を出して、7年ぶりのツアーに出る。

2005年7月 アルバム『Actually, As Always』を発表。7月と11月にライブ。

2001年アーティスト写真 撮影 大久保ひさこ
 
2003年1月 現在 :    作詞、 284作品 発表
作曲、 約 85作品 発表
アルバム 9枚発表
本(小説、エッセイなど) 23冊 出版
短編 連載、単発など、多数
  朝日小学生新聞(週6日3ヵ月間)連載済み 長編 6作
 
   
作詞の代表曲は「Get Wild」 「Beyond The Time」 「Self Control」 「Seven Days War」「Resistance」 TM NETWORK、「Be Together」 「Reality」鈴木あみ、「If You Were Here With Me」 Jennifer(ゲームDDR)、「トロとお休み」ゲームイメージソング、など。

小室みつ子、西門加里、MitsukoKomuro 以外にも、いくつかのペンネームあり。

Piccolina」 これは、ユーロビートなどのクラブ系の音楽や、アニメなどに英語の作詞をするときに使ったペンネーム。一曲だけ、Piccolinaの名前でユーロビートを歌っています。一応、外国人のフリ(?)して歌っています。

Mitsuko」 これは、ピアノ曲を作曲するときに使っています。

そして、2001年5月、ふと思い出したペンネームがありました。「小室とまと」「松岡つばめ」のふたつ(笑) 石川ひとみさんのアルバムで作詞したときに、使ったようです。「松岡つばめ」は、そのころヤクルトにい投手、いい球投げられるのに、性格がなんとも心もとなげないところで、つい応援してしまってハマっていた人――松岡選手から取りました(^^;;;

以上。 2003年現在

 

小室みつ子 2005 アルバム用に撮影

■マネジメント、その他、問い合わせ先


・ミュージシャン関連     Up&Down.Com
・作家(作詞作曲)関連   Sony Music Publishing
・作家(小説、エッセイ)関連    個人宛て

 

お手紙などの宛先(事務所) :
〒145-0072 東京都大田区田園調布本町42-21
7th Mother 内 小室みつ子宛て

 

今好きな俳優
Kevin Spacy
Anthony Edwards
Ed Harris
Edward Norton
Rassell Crowe
Holly Hunter
橋爪功
 
好きな映画
LA コンフィデンシャル
Home For the Holidays
グラディエイター 
グッドウィル・ハンティング
ブレードランナー
遊星からの物体X
イル・ポスティーノ
Music Box
日の名残り
いつか晴れた日に
New Cinema Paradise
The Witness 刑事ジョンブック
フルメタル・ジャケット
12人の怒れる男
終身犯
ライト・スタッフ
未来世紀ブラジル
レザボアドッグス
ファーゴ
Obsession
クリムゾン・タイド
東京裁判 (ドキュメンタリー)
クラム(ドキュメンタリー)
 
.....and many others
書き出したらキリがない
ことに気がつきました…
 
アイドル
まめちゃん寝ている顔を見てるだけで幸せ。まめちゃん。
特技
一週間家から出なくても絶対飽きないこと。家の中でいくらでも楽しめる。
ビデオを立て続けに5本くらい見られる。
寝だめ。
食いだめ。
自分の寝言で起きること。
考え事をすると、まわりの出来事が聞こえなくなる。見えなくなる。
 
趣味
テニス、語学(英語、イタリア語)、映画鑑賞
PCソフトのコマンドを、闇雲に試すこと。
 
尊敬する人好きな人
  (思い出すままに書いてるんでジャンルも年代もめちゃくちゃ)
リドリー・スコット シドニー・ポラック 
ジョン・フランケンハイマー  ビリーワイルダー 
エルンスト・ルビッチ スタンリー・キューブリック
ブライアン・デ・パルマ ジェイムズ・アイボリー
コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ) 
クリフォード・D・シマック フレドリック・ブラウン
トルーマン・カポーティ ヘルマン・ヘッセ 
アイザック・アシモフ  ジョン・ウィリアムス
エンリオ・モリコーネ リスト  
バート・バカラック キャロル・ベイアー・セイガー
カーリー・サイモン キャロル・キング
カーラ・ボノフ リチャード・ロジャーズ 
The Bee Gees MOBY  Fat Boy Slim  UnderWord Bread
Robert Ramm from Chicago
手塚治虫 黒澤明 司馬遼太郎 呉智英
桜玉吉 小野田寛郎さん 
 
Special Thanks to
三栖康生

初めてのホームページをひとりで作成したとき(1999年、4月ごろ)モニターしながら、技術的な指導と問題解決をしてくれました。
漫研以来の友人。ある大手出版社のエライ人にもかかわらず私の個人ヘルプデスクとあいなる……。お世話になりました。

 

最終更新日 2003年4月


 

back to top or home