最近何してんの? (CGI版)
■2001年までのログ(HTML)■

2009年 12月
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

■ログ インデックス(全件)■


日付 : 2009年12月09日 (水)
件名 : 木根ちゃん主演演劇『天使の涙』

 最近毎晩忘年会や打ち合わせの食事などで出かけていて少しへたばっている私です。日記に書くネタはあるのでその晩のうちに書きたいのだけど、気付くと寝ちゃってて時間がない…。毎日日記書く人ってすごいわー。

 ということで、書いてる日はすでに11日なのだけど遡って書いてます。木根ちゃん(木根尚登さん)が主演の演劇、『天使の涙』を見てきました。下北沢のこじんまりとした劇場で、ステージがとても近くて出演者の表情から心の動きまで、細やかに生々しく伝わってくるところが良かったです。

 木根ちゃんが書いた曲をテーマに、総勢6名の出演者による心温まるお話でした。いきなり木根ちゃんがおもしろい格好で現れたので、思わずくすっと笑ったんだけど、みんなしーんとしてました。木根ちゃんとしてもはそこでいきなり笑いが来るかと思ってたらしいのだけど、ウツ(宇都宮隆さん)は、「ああ、こういう格好のキャラでやる話なんだなと思うからあそこでは笑わないよ」と言う。なるほど、確かにそうだわ。あそこで私がくすっと笑ったのは、演劇上のキャラとして見たのではなく、友達の木根ちゃんとして見ていたからなんだなあと思った。

 その日は昼間と夜で2回ステージがあって、私は夜の方に行きました。全編ぶっ通しで2時間。それを一日2回やるというのがすごい。それぞれにキャラ設定が細やかでおもしろく、笑いもあって、楽しい2時間でした。私は個人的に劇の内容よりもまず木根ちゃんの何事にも真摯に挑戦していく姿勢が心に来ました。会えばいっつも笑いネタに走るけれど、音楽やもの作りに対しての情熱をしっかりと持っている。そういうのがステージから伝わってきました。それと、サオリさんという女の子が出演しているのですが、彼女の声がすばらしかった! 伸びやかできれいな声で聴き惚れましたよ〜。

 隣の席にはウツが座ってました。私もウツも互いが来るの知らなかったのだけど。木根ちゃんともウツとも顔を合わせるのはとっても久しぶり。もしかしたら1年ぐらいぶりだったかも。電話では話しているのでそんなに長く間が空いていた感じはしなかったけど。

 その後、スタッフと他のお客様と一緒にお食事に行きました。ふたりとは久しぶりだけど、会ってしまえばいつもの感じ。すでに20年以上知ってるので、同級生と会うような感覚。馬鹿話で時はあっという間に過ぎました。ウツも木根ちゃんもそれぞれ自分の仕事が忙しく、がんばってるなあと思った。私もがんばらねば〜と思ったり。

 お食事の場所の照明と携帯で撮影のせいで写真が暗いです。だけど、雰囲気は思い切り盛り上がってました。左奥のかわいらしい女性は、ウツのユニット、U-Waveにも作詞提供をされている作詞家の田中花乃さん、私の左隣はモンキッキーさん(おふたりとは初対面だったけど、すぐに和やかにおしゃべりできました)。

 モンキッキーさん、しゃべることは当然おもしろいのだけど、真面目で常識のある人だなあという印象でした。知り合いのお笑いの人もネタを考えている時はものすごく真剣でステージとは別人だったりします。ネタを考えている時は本気のオーラで近づけないくらい。ものを作るってそういうもんですよね。私も普段はだらだらして天然天然言われてるけれど;;、作詞作曲の時は別人になりますよん、ええ(誰も見てないから信じてもらえないだろうけど…)。


木根ちゃんの演劇の後で


 2枚撮ったのに右奥にいるウツったら、おしぼりで目をしっかり隠して謎な人になってます。 「おしぼりで隠すならサングラスすればいいじゃん」と言ったら、「こんなところでサングラスしてたら変じゃん」という。「だからっておしぼりってどうよ。おもしろいより怖いわ、ホラーみたいじゃないか(笑) 写りたくないんなら入らなければいいのにー」と言ったら、「…いや、写りたいもん」てウツが答えたんで、みんな大爆笑。なんなんだ、その複雑な心理と行動は〜!(笑) 照れ屋さんなんだろうけれどまさにウツっぽい。ここらへんがファンの女性をくすぐるところなんだろうなーと別な意味で納得(笑)


木根ちゃんの演劇の後で


 おしぼりで目を隠した写真だけじゃあんまりなんで、ふと静かにお酒を飲んでいる瞬間のウツを激写(死語)。照明が暗いのでちょっとボヤけちゃったけど、久しぶりに会ったウツはなんだか若返ってますよ?顔がきりっと精悍になってて、おおカッコいいじゃんっと思った。おしぼりで隠しちゃもったいないでしょう(笑)


うっちゃん



 帰り際に靴を履いていたら、隣にいたウツが急に「ねえ、伊作のことがあったでしょ。やっぱりさ、みんなに会える時に会っていたいよね。だから定期的に集まろうよ」と語りかけてきました。…ああ、ウツも私と同じように感じてたんだなあと思った。木根ちゃんも口にはしてないけどきっと同じ気持ちでしょう。何しろ3人とも伊作と同い年だから…。同級生が急逝すると、本当にいろいろなこと考えてしまいます。みんながいつまでも元気で楽しく仕事していて欲しい…と心から思う。明日のことなんてわからないけれど、一日一日、大事にしたいなあと思う。飲みながらいっぱい笑ったけれど、帰り道ひとりになったらなんとなくしんみりしてしまった、そんな夜でした。


■ログ インデックス(全件)■

- Web Calen - Modified by 小室みつ子 -