最近何してんの? (CGI版)
■2001年までのログ(HTML)■

2005年 08月
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

■ログ インデックス(全件)■


日付 : 2005年08月12日 (金)
件名 : 音楽の楽しみ

 突然ですが。今、私はJASRACに呆れてます。前々から疑問は持っていたけど…。

 相方が笑えるネタとして気に入っていた個人ページにある曲が使われていたのですが、先日JASRACから通知が来て削除しないと使用料徴収するって言われてやむなく削除したそうです。相方がすごくがっかりしていた…。

 ネットからMIDIを一掃し、個人ページからも使用料を徴収するというJASRAC。私もJASRAC正会員だけどその中では若年のぺーぺーだし、政治力一切ない…。層々たる顔ぶれの評議員と親交も一切ないので(評議員選挙のためもあって、正会員になった途端他の有名どころ含めて正会員の人たちがらどさどさ年賀状とか来たんだけど、面倒なんで私は一切年賀状も出さなかったものぐさ…。評議員や理事はそんなにおいしいのだろうか…)。総会に参加したのも2回だけ。そこでも聞いてるだけ(怖くて発言なんてできない)。権利に群がるのは政治家だけじゃないなあとつくづく思います。

 しかし、著作権法では、著作者本人が「それは著作権侵害である」と訴えない限り問題にはならないはず(だと思う…)。そして、フェアユース(無料で音楽を使用する)場合まで何故お金を徴収するのでしょう。ちまたで誰かが歌ってくれたりMIDIファイルにしたりするのは、「音楽の振興と普及」に貢献することであるし、曲のパブリシティ(宣伝)になることではないのかなあ。お金取ってCDを聞くとかカラオケやるとかなら使用料が発生するのは当然。だけど、お金を取ってるわけじゃない一般から徴収するのは、「音楽を楽しむな、広めるな」っていうようなものじゃないでしょうか。

 徴収したお金だって実際作家本人にきちんと分配されてるわけじゃないわけで(物理的に使用された曲の内訳をすべてデータとして集めるのは無理だとは思うし、一括徴収だと曲目内容無しの徴収だからデータにできないのはわかるのですが…)。CDの売れ行きが下がっているのに、JASACの徴収額は右肩上がり。JASRAC側はそれを誇って報告してますが…。なんか腑に落ちない…。幼稚園にお遊戯で使った曲に対してある日突然10年遡って一気に請求するとかあるみたいだし…。なんか、やっぱり、腑に落ちない…。正会員がこんなこと書いちゃいけないとは思うけど…。アメリカなどはフェアユースに関しては徴収しないと聞いてます。なんかJASRACの著作権に関しての認識はズレてる気がしてなりません。

 総会でも年配の作家が「もっと著作権に対する意識を広めるべき。たとえば小学生がともだちからCD借りてお礼にお好み焼き奢ったとかしたら、それは著作権法違反になるって教えるべき」とか言う人もいたので、はあ、そこまでやる? と、びびったことがあります。権利団体だけでなく、作家の中でもどうも私の考えと同じような人たちは少数派みたいです。実際、出版権を扱う音楽出版社の友人ともその話でぶつかったことあるし、ある曲のことで私が2次使用料はいらないから委託しなくていいと言って、JASRACの人と揉めたこともあります…(正会員が書いた曲は全曲自動的にJASRAC委託になるらしい)。結局、逆に「作家は著作権印税で生きているんですよ。あなたはそれを理解してない」と怒られてしまった…orz (いや、理解してますよ。恩恵にあずかっていることは重々承知)。

 まあ、なんかいきなり疑問書き連ねてしまいましたが、怖くて総会でなんて発言できないへたれな私なので、ここでちょっと言ってみた…(ドキドキ)。だいたいホームページに自分の歌詞を載せるのも規約ではダメみたいなんですが…。著作者がいいって言ってるんだから、ええやんか…とか思う私は………やっぱり、間違ってるのでしょうか…(悩)。著作権より何より、自分の作品が巷で楽しまれるほうが嬉しいんですけど…。それで気に入ってもらえればCDだって売れるかもしれないと思うんだけどなあ…。JASRACの意義はまず「音楽の振興と普及」でしょう…? 普及の阻害して、音楽文化にいいことあるのかなあ…と思う…ある日でありました。

■ログ インデックス(全件)■

- Web Calen - Modified by 小室みつ子 -